貯金箱

中古住宅管理は実績と評判の高い東急コミュニティーがオススメ

連帯保証人に代わるもの

レディ

賃貸物件が借りやすくなる

賃貸保証会社は、賃貸借契約を結ぶ時に必要な連帯保証人の役割を親族などに代わって行ってくれます。連帯保証人と役割は変わらず、物件の借主が家賃を滞納した場合は賃貸保証会社が立て替えます。核家族化や高齢化の影響もあり、連帯保証人を親族に頼めなかったり入居審査に落ちたりする人が増加中です。また、身寄りのない高齢者や外国人滞在者など賃貸借契約を結ぶのが困難な人も増えていて、全国的に賃貸保証会社の需要は多いです。一方で大家の立場では、家賃滞納のリスクが低い信頼できる人に物件を貸したいのは当然ですが、入居審査を厳しくすると借り手が見つかりにくく空室が埋まりません。入居希望者が賃貸保証会社と契約を結ぶことで、安定した家賃収入が入ってくるため大家側のメリットも大きいと言えるでしょう。物件を探している時に見かける連帯保証人不要の物件の多くは、契約時に賃貸保証会社の利用を求められます。賃貸借契約を結ぶ時に賃貸保証会社に支払う費用は、物件や会社ごとに違いはありますが初回委託料として家賃の半月から1ヶ月分、保証料として家賃の70%から1ヶ月分が必要です。滞納を繰り返したり何かトラブルを起こさない限り、希望すれば更新することが可能になります。更新時には、初回に支払った保証料よりも安い金額で利用できるケースが多いです。賃貸保証会社のサービス内容は会社ごとに違いがあり、家賃以外に原状回復費用や退出時の不要物処理費用などを保証するプランもあります。

Copyright © 2017 中古住宅管理は実績と評判の高い東急コミュニティーがオススメ All Rights Reserved.