PCゲームに特化した自作パソコンを作ろう|ゲールがもっと楽しもう

ケースにも拘ろう

PC

ケース選びのポイント

性能も大切だけど見た目もお洒落なパソコンが欲しい、という場合は自作パソコンが打って付けです。自作パソコンならパソコンケースも選び放題ですから、事務所に置くようなデザインだけでなく、斬新なデザインや可愛いデザインのケースも揃っています。少しマニアックな部類でもあることから、初心者の時はそれらの存在を知らずに、オーソドックスなケースを選びがちですが、色々探してみるのがおすすめです。また、自作パソコンではケースサイズも重要で、これによって組み込めるパーツの総数が変わってきます。コンパクトなスリムケースやキューブタイプは、置き場所が少なくて済む点は有利ですが、拡張ベイが少ないため、後日パソコンの機能を強化する時に困るのです。そこで、機能の追加やスペックアップを視野に入れている場合は、ミドルタワーといった拡張性の豊かなパソコンケースを選ぶと良いでしょう。ケースサイズは大きくなりますが、そのぶんPCIスロットを沢山搭載したマザーボードを組み込めますので、数々の拡張ボードを追加できます。そして、高性能なグラフィックカードを導入したい場合、フルハイトサイズの搭載がカギになりますから、その点でもタワー型が最適です。コンパクトなパソコンケースではサイズの関係上、フルハイトカードが基本的に入らず、それよりも小さなロープロファイル規格だけとなります。ロープロファイルサイズのグラフィックカードは性能が若干落ちるため、スペックも追及した自作パソコンでは考慮しておきたい要素です。

PICK UP

PC

ケースにも拘ろう

斬新なデザインや可愛いタイプも揃っていますから、自作パソコンを作る際は、初心者でもパソコンケースに拘ってみましょう。パソコンケースはコンパクトタイプも魅力的ですが、後日の拡張や、フルハイトカードの搭載を予定しているなら、タワー型が最適です。

PCを操作する人

ほしい性能のPCを入手

自作パソコンは好みの性能を持ったPCを手に入れるのに一番効率のいい手段として人気があり、多くの専門業者や雑誌が販売されています。そういったプロの書いたマニュアルに従って組み立てれば必ずうまくいくので、まずは信頼できる媒体を探しましょう。

パソコン制作

数年たっても現役マシン

性能アップのためにパーツを交換した場合でも、安定した電力を供給できるように、自作パソコンでは電源ユニットに拘るのも豆知識です。そして、電源ユニットは出力に余裕がある物を買うのが基本で、80PLUSといった変換効率の高い製品を選びます。

Copyright© 2017 PCゲームに特化した自作パソコンを作ろう|ゲールがもっと楽しもう All Rights Reserved.