PCゲームに特化した自作パソコンを作ろう|ゲールがもっと楽しもう

自作費用はいくらか

ウーマン

使うパーツとスペック次第

現代は何かと情報端末を利用します。その端末の選び方は多様化しており、パソコンであれば店舗購入のほかに自作することも入手手段の一つとなりました。必要パーツがそろえば好みの機能が付けられることが魅力の自作パソコン、興味を持っている人は多いのではないでしょうか。その制作にかかる費用のこと、参考となる情報を押さえておきましょう。自作パソコンにかかる費用は、どれだけのスペックを持たせるかによって変わります。ハイスペックにするほど機能の高いパーツを使うことになります。ともなれば、購入費もスペックの高さに応じて高くなるのが必然と言えるでしょう。ネットの閲覧とメールのみなど最低限の機能で十分な場合は、おおよそ5万円ほどで作れます。動画の閲覧やゲームプレイに適したグラフィックなど高度な機能を付ける場合は、その分かかる費用が増えます。高級なパーツを使う場合は15万円を超えることもあります。スペックのことがよく分からない人は、自作パソコンで何がしたいかを考えればパーツ選びがスムーズにできるでしょう。自作パソコンにはオプションを付けることもできます。絶対必要とまではならないものの、あればパソコンの機能の拡張ができて便利です。例えばスピーカーを付ければ、音楽に臨場感が出ます。パソコンで音楽を聞きたいという人にはおすすめです。ブルーレイディスクのドライブを付ければ、ブルーレイの閲覧が可能になります。オプションをうまく使えば、自作パソコンの可能性が広がります。予算と相談しつつ、自分にピッタリのパソコンを目指しましょう。

PICK UP

PC

ケースにも拘ろう

斬新なデザインや可愛いタイプも揃っていますから、自作パソコンを作る際は、初心者でもパソコンケースに拘ってみましょう。パソコンケースはコンパクトタイプも魅力的ですが、後日の拡張や、フルハイトカードの搭載を予定しているなら、タワー型が最適です。

PCを操作する人

ほしい性能のPCを入手

自作パソコンは好みの性能を持ったPCを手に入れるのに一番効率のいい手段として人気があり、多くの専門業者や雑誌が販売されています。そういったプロの書いたマニュアルに従って組み立てれば必ずうまくいくので、まずは信頼できる媒体を探しましょう。

パソコン制作

数年たっても現役マシン

性能アップのためにパーツを交換した場合でも、安定した電力を供給できるように、自作パソコンでは電源ユニットに拘るのも豆知識です。そして、電源ユニットは出力に余裕がある物を買うのが基本で、80PLUSといった変換効率の高い製品を選びます。

Copyright© 2017 PCゲームに特化した自作パソコンを作ろう|ゲールがもっと楽しもう All Rights Reserved.